クリスマス企画 オブジェクト指向実践者の集い

上記に参加してきたので、レポートしてみたい。
■ 詳細

クリスマス企画 オブジェクト指向実践者の集い
日時 2004年12月9日(木) 10:00~
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター
主催 オブジェクト倶楽部

■ 参加目的

  • オブジェクト指向を現実的に実践する方法を知る
  • オブジェクト指向実践者と交流を持ち知恵を得る

■ はじめに
当日の朝。
北陸自動車道から小松空港に向かい、始発の羽田行きに乗って会場に向かった。
計算では、どんなに急いでも開始10:00には間に合わない。10:15 頃の到着になる予定であった。
新宿駅までは完璧に予定通りに乗り継ぎ。
余計なロス時間はゼロ。飛行機の座席の位置から電車の何両目に乗るかの選択まで、我ながら完璧に近かったと思う。
ところが、小田急新宿駅の改札口に着いてみると、全ての券売機が止まっている。
小田急になんらかのトラブルが発生した様子であった。
ここで10秒ばかり躊躇(ちゅうちょ)。タクシーで会場へ向かうことにした。
結局、予定通り 10:15 ちょうどに会場に入ることができた。
ところが、着いてみると、小田急が動いていなかったことで、15分遅れで開始とのこと。 奇跡的に間に合ってしまった。
サンタ帽をかぶったスタッフが迎えてくれた。
会場は既に人で一杯。
なんでも 170 名以上の参加者だとか。毎回少しずつ大きくなっているそうだ。
objx0402.jpg
・会場の入り口付近。後述する XFD が妖しげに光を放つ。
■ 参加内容
○ コンセプト紹介等
初めにスタッフである安井 力 氏から「見える化」というコンセプトの紹介があった。
「見える化」とはどういうことか。その意味するところを、水に色を付けたりする実演で「見る」ことができた。
○ 基調講演 平鍋 健児 氏
リーンソフトウェア開発と「見える化」』
objx0401.jpg
・平鍋 氏 による基調講演の様子。
基調講演は、主催者であるオブジェクト倶楽部の主宰者である平鍋 氏。
先ずは、リーンソフトウェア開発について。
トヨタのかんばん方式をはじめとする「リーン生産方式」の短い紹介があった。
そしていよいよ「見える化」の紹介。

  • ソフトウェア開発は「不可視」・「intangible」な部分が多い。
  • 見えないことによる難しさがある。
  • 見えなければ制御も改善もできない。
  • 見える工夫をすることで、開発が判り易くなる。
  • 見えるようにしよう。

「見える化」を行った実際の例が、いくつも写真で紹介された。
例えば、「ソフトウェアかんばん」。
ホワイトボードを「Todo (未実施)」・「Doing (実施中)」・「Done (テスト完了)」の三つの領域に分けてある。そのそれぞれに、色分けされ作業が書かれたポストイットが貼られている。
現在のプロジェクトの状況が一目でわかるようになっている。
この前で毎日「朝会」をするそうだ。
紹介された「例えばこんな風にやってみたら良いのではないか」という「見える化」を表にまとめてみる。

イテレーション ― 一週間くらい
計画 ― 半日~一日くらい イテレーション開発 ふりかえり
ユーザーストーリーをタスクに分割
  • 作業のペア化 (一部でも可)
  • 「見える化」

    • UML による設計の「見える化」
    • 朝会
    • ソフトウェアかんばん
    • ペアボード
    • バーンダウン チャート
    • ソフトウェアあんどん ― XFD (eXtreme Feedback Device)
    • だるま (達成したら目を入れる) による目標の「見える化」
ホワイトボードを三つに区切って、そのそれぞれに以下のものを書き出す。

  • Keep (良かったこと、続けていくこと)
  • Problem (問題点)
  • Try (次回挑戦すること)

これは導入しやすく強力なやり方ではないだろうか。
持ち帰って提案してみたいと感じた。
○ 主賓講演 大槻 繁 氏
『アジャイル開発とインタンジブル・アセット ―伝統的開発へのインパクト―』
アジャイル開発が伝統的な開発方法に与えるインパクトの話。
特に考えさせられたのは、「組織のモジュール化」の話。

  • 各モジュール内の知識は、インタンジブル (見えない)。
  • モジュール間のインタフェイスはタンジブル (見える)。

「見えない知識をどう貯めていくか」が重要とのこと。
○ ワークショップ 平澤 章 氏
『「モデリング道場」ライブ ~要求モデリングの過程 見せます!』
もう、なんというか、ライブ最高。
題材は、「八百屋の POS (Point Of Sales) システム」。
顧客役である天野 勝 氏にヒアリングしながら、ライブでモデリングしていく。
「コミュニケーション芸人」を自称する平澤 氏 と 天野 氏の掛け合いは、テンポといい()といい、感動的ですらあった。
さらに、時々絶妙なタイミングで平鍋 氏が質問を入れる。
二時間のライブが一時間くらいに思えたくらい、楽しむことができた。
本や Web を読むより、はるかに判り易い。
まさに「見せる」方法によって、全然判り易さが違ってくるという例だ。
こんなセミナーは初めて。是非もう一度体験したいものだ。
平澤 氏によると、モデリングには「機能先行型モデリング」と「モデル先行型モデリング」があるとのことで、今回は「モデル先行型モデリング」。
解説していただいたモデリングのポイントを少しあげてみる。

  • そのクラスが表しているものが、「現物(ブツ)」なのか「種類」なのかをはっきりさせる
  • ヒアリングしながら、システムに関係のないものをはじいていく。
  • 名前を付けるときは、視点を固定。店側からの視点で命名。
  • クラスでなくインスタンスの単位をとらえる。多重度で確認。
  • ノート アイコンが重要。ノートアイコンは種類によって色分け。
  • クラス図はつながりだけでなく、「形」も重要。

objx0403.jpg
・「掛け合い」でばんばんクラス図が描かれていく。
objx0404.jpgobjx0405.jpg
・ライブでホワイトボードに手描きされていったクラス図。これと並行して リアルタイムで UMLツール “Jude” による清書も行われていた。
○ 見える化ライトニングトークス
一人持ち時間五分。延長なし。五分過ぎると容赦なく銅鑼(どら)が鳴る。
objx0406.jpg
・XFD ネタは、最高の盛り上がりをみせた。
私も、「TDDPlayer」というネタで参加。

※ 尚、講演やライトニングトークスの資料は、オブジェクト倶楽部のサイトで公開されている。
○ 懇親会~二次会
懇親会に只で出させていただいた上、本まで頂いた。
『はじめてのアジャイル開発』、『PM magazine 第1号』の二冊。
懇親会では、皆が参加して、今回のイベントに関して「ふりかえり」を実際に行った。
私も、「Keep (良かったこと、続けていくこと)」と「Problem (問題点)」、「Try (次回挑戦すること)」をポストイットに書いて、八枚くらいを模造紙に貼った。
懇親会及び二次会では、沢山の知人と話し、新しい知人と話した。
■ 「見える化」について考えたこと
最後に、今回このイベントに参加して、「見える化」について考えたことをいくつか。
○ プロジェクトの見える化
例えば、プロジェクトの状況を知らせる方法として、以下の三つを比較してみたい。

  1. プロジェクトの状況については、プロジェクトの構成員からプロジェクト マネージャに定期的に報告が行く。
    状況を知りたい人は、プロジェクト マネージャに尋ねれば知ることが出来る。
  2. プロジェクトの状況は、プロジェクトの構成員によってオープンな会議室に逐一アップされる。
    状況を知りたい人は、会議室を見に行けば、知ることが出来る。
  3. プロジェクトの状況は、部屋の入り口付近に貼り出してある。
    出社する人はいやでも目にすることになる。

3 のやり方が、「見える化」を取り入れた例といえる。
今回の基調講演で、平鍋 氏 が次のように言っていた。
・エラーの与える影響の大きさ = エラーの大きさ×エラーの滞在時間
上の例で言うと、1 より 2、2 より 3 の方法が、エラーの滞在時間を短くすることができるのでベター、ということになる。
○ 見せ方
見せるにしても、なるべく「わかりやすく」見せることが重要なようだ。
シンプルなグラフを使ったり、直接手書きして壁に貼ったり、色分けしたり、動きや光、音を取り入れて五感に訴えるようにしたり、等等。
見せる工夫が重要だ。
それから「バーンダウンチャート」や「ペアボード」のように、ネーミングが重要。
○ 「見える化」と XP
この「見える化」というのは、アジャイル開発手法の一つである「XP (エクストリーム プログラミング)」の精神とも一致していると思った。
図にしてみると、こんな感じだろうか。
xtrmfdbk.gif
■ 関連リンク

前々回、前回の様子はこちら。