Pelikan M600

fountainpen.gif
※ 「フルハルター」の続き。
昨日フルハルターから万年筆が届いた。
森山信彦氏の美しい手書きの手紙とフルハルターの味のある名刺、保証書などと一緒にペン先の調整が済んだペリカンの M600 が届いた。
開封してみて、先ず重厚な見た目に感激。黒軸にして良かった。
早速インクを入れてみる。
少し迷ったが、先ずは無難に「同メーカー」で「Blue Black を避けて」ということで、ペリカンの Royal blue インクを入れてみる。
ペン先は B にしたので、学生時代に使っていたペリカンと同じくらい太い。インクがするするという感じで出る。
これまでの万年筆では余り意識しなかったことだが、紙によって随分書き味が違う。万年筆用の良い紙が欲しくなってきた。A4サイズ位で RHODIA のような紙とミシン目で、無地で安いノートってないだろうか。
取り敢えず文房具屋へ行き、万年筆用の便箋を買ってきた。
兎にも角にも、漸く手に入った M600。今日から早速携帯して使いまくってみるとしよう。
DSCF3004.JPGDSCF3012.JPGDSCF3013.JPGDSCF3017.JPGDSCF3022.JPGDSCF2892.JPGdc112508.JPG

万年筆

Posted by Fujiwo